寺西化学工業や未クシーは仕手株になりにくい

寺西化学工業は未クシーは仕手株として狙われにくいものとなっていますがその理由としては、まず寺西化学工業に関しては上場している企業ではありませんから、株を買い集めるというのが簡単にできるものではありません。
大株主などを探しだして直接交渉を仕手株を買い、それを高値で売りつける相手を探すのに一苦労となりますから余程のことがない限り仕手株となることはありません。
なったとしても、直接寺西化学工業に買いあさった株を売りつけるという形になるため、一般の投資家がそのようなことが行われているということを知ることすらできません。

一方の未クシーですが長い間株価が低迷していましたが、モンスターストライクのヒットによって爆発的に株価を伸ばすことになり、その間には仕手筋や機関投資家に一般投資家など、様々な投資家が参入をして大相場を繰り広げることになりました。
ミクシーの場合には材料があり、それに業績も伴ってきているので一般的なボロ株が吹き上がる仕手株とは少し違いますが、それと同じような動きをしたことは事実です。
それでは現在は仕手株として扱われることがないのかということですが、株価が低迷していた時期であればいざしらず、現在のミクシーというのは企業としての規模も大きくなってしまったことから、簡単に株価操作をすることができなくなりました。
高値圏で捕まっている投資家も少なくないため、株価を吊り上げようとすればそのような売り圧力によって仕手筋自体が潰されてしまう可能性も高いものから、未クシーは仕手株になりづらい銘柄となっているのです。
そのため、仕手筋にかき回されたくないというのであればミクシーのような企業の銘柄を選ぶことで、仕手株を避けることができます。