仕手株よりスマホアプリでカジノ、安全投資にアルペン

仕手株というのは上下に大きく株価が動きますから、上手く乗ることができれば短期間で大きな利益をあげることができます。
そのため、仕手株とわかっていてもそれにあえてのっかかる投機家も少なくないものですが、一般的な投資家であれば結局は仕手筋の良いように揺さぶりをかけられてしまって、高値でボロ株を掴まされて終わりとなってしまいます。

それを理解して勝負をする分には良いのですが、単純に仕手株なら大儲けができると考えて参加をするぐらいであれば、スマホアプリでカジノゲームを楽しんだ方がお金を減らすこともなく安心です。
しかし、投資をしようとした銘柄がたまたま仕手筋に目をつけられてしまって、その結果として振り回されてしまうということもないわけではありませんから、そのような時には仕手筋に狙われにくい銘柄を選んで投資をすることが重要であり、狙われにくい銘柄とはアルペンのように東証一部の大型株は狙われにくい物となっています。

仕手株を行う側が最も重視することのひとつとして、株価を吊り上げて安く買い集めた株を売りぬくというものがありますが、株価を吊り上げることが難しければ買い集めた株を売りぬくことができません。
そのため、仕手株として選ばれる銘柄は時価総額が小さかったりして株価の吊り上げが容易な銘柄が選ばれやすいものとなっていますが、アルペンの場合にはそこそこの時価総額もあることから株価を吊り上げようとしても容易なものではないため、仕手筋に狙われにくい銘柄となっています。
そして、アルペン自体も長い間一定のレンジで株価が推移している銘柄であるため、投資をしやすい銘柄となっているので安定した投資をしたいのであればこのような株価の動きが緩やかな銘柄を選ぶと良いでしょう。