オーイズミと三菱UFJフィナンシャルグループの仕手株化

仕手株というのはどのような銘柄でもできるわけではなく、安く買い集めた株を売りぬくために株価を吊り上げる必要があります。
そのため、株価を吊り上げるだけの資金力がないと仕手株をすることができませんから、吊り上げることが難しい銘柄ともなると仕手化しづらいといえます。
東証一部には規模の大きな企業がたくさんあり、時価総額が大きなものも多いためこのような銘柄というのは、仕手化するのが困難なものとなっています。

三菱UFJフィナンシャルグループは時価総額が13兆円近くありますから、これだけの大きな規模の銘柄を操作するというのは実質的に不可能に近いものであるため、三菱UFJフィナンシャルグループのような銘柄は仕手株化されるという心配はほぼありません。
一方、オーイズミは三菱UFJフィナンシャルグループと同じく東証一部に上場している企業ですが、比較的規模の小さな会社であり一日の出来高に関しても5万株もいかないぐらいに、それほど活発に取引が行われている銘柄ではありません。
そのため、オーイズミはまとまった注文を入れれば大きく株価を動かすことができますから、仕手株がしやすい銘柄といえます。
もちろん、オーイズミが飛びぬけて仕手株がしやすい銘柄というわけではありませんが、貸借銘柄でもあり個人の売りも巻き込むことを狙うことが出来るこのような銘柄というのは、仕手筋に狙われやすい銘柄でもあるのです。
このような銘柄を保有していて怪しげな動きをするようになったときには、それ以上ポジションを増やすといったことはせずに、欲張らずに適当なところで売ってしまって手仕舞いをすることが、仕手戦に巻き込まれずに資産を守るために大切なことになります。